痛みの少ないわきが治療法をご紹介

どの治療のやり方でも痛みは多少ある

わきが治療は、アポクリン腺を取り除いたり破壊したりなど、皮膚や皮下組織に影響を与えるものであることから、痛みが全くない治療はありません。
ただし、治療のやり方によって痛みの大小はあり、痛みが苦手な人はできるだけ痛くないやり方を選ぶ方がいいでしょう。

とはいえ、多くのわきが治療法は局所麻酔を使用するため、治療中の痛みはほぼ感じません。
さらに、術後は痛み止めの薬を処方してもらえるため、我慢できないほどの痛みが続くことも考えにくいです。
では、以下からは痛みの少ないわきが治療法を紹介します。

ボトックス注射

ボツリヌストキシン製剤を注射することで汗腺の働きを抑えるボツリヌス注射は、わきが治療の中でも最も痛みが少ないやり方といえます。
注射のみの施術ですから、痛みが生じるのは針を刺す時だけです。
そのため、基本的に麻酔は使用しないことが多いですが、どうしても痛みが苦手な人には麻酔クリームを使用する病院もあります。

医療レーザー

医療レーザーでの治療は、皮膚を切らずに上からレーザーを照射して汗腺のみを破壊する方法であり、皮下組織への影響が少ないことから、痛みが比較的少ない方法として知られています。
施術中には痛みが伴いますが、この際も麻酔クリームのみで問題ないとする病院が多いようです。
そして術後の痛みもほぼないため、子供のわきが治療にもよく用いられる補法です。

ミラドライ・ウルセラドライ・ビューホットなど

ミラドライ・ウルセラドライ・ビューホットは、マイクロ波や超音波、高周波を皮膚の外から照射する治療のやり方で、いずれも皮膚を切る必要がありません。
そのため、こちらも痛みが少ない方法としてよく用いられるわきが治療です。
ただし、皮下組織への損傷が多少あることから、数日は軽い痛みや腫れが出ることがあるとされています。

これらの方法は施術時に若干強い痛みが伴うため、注射での局所麻酔を使用することが多く、痛みが苦手な人には全身麻酔を使用するケースもあるようです。
この際、麻酔の注射がそもそも痛い場合もありますが、近年は麻酔の方法も工夫されており、より痛みを軽減することが可能になっています。

我慢できない痛みではないので安心を

ここで紹介してきたわきが治療のやり方は、痛みが少ないだけではなく痛みが出ても我慢できないものではありません。
どうしても術後の痛みが気になるということであれば、医師に相談すれば、痛み止めの処方など最良の方法を提案してもらえるでしょう。